ビザについて

イタリアへのビザについて

イタリアへの商用,会議,観光,親族・知人訪問等を目的とする場合、90日間は入国に際してビザを取得する必要はありません。ただし,日本で報酬を受ける活動に従事する場合、またはそれぞれ国毎に決められた短期滞在の期間を超えて滞在する場合にはビザを取得する必要があります。

日本国籍を所有している方が、90日以上イタリア滞在する場合、住民票所在地によって(詳細は以下に説明)、在東京京イタリア大使館、または在大阪イタリア総領事館のどちらかで、学生ビザ(Visto per studio)を取得しなければいけません。

尚、査証申請中にイタリアに入国することは認められていません。発覚した場合は査証発給は取り消され、再度の申請が必要となりますのでご注意ください。

ビザ申請は、住所地が長野以東の場合は在東京イタリア大使館、中部以西の場合は在大阪イタリア総領事館に申請を行います。

在東京イタリア大使館
http://www.ambtokyo.esteri.it/Ambasciata_Tokyo/

〒108-0073 東京都港区三田2-5-4
Tel: 03-3453-5291
Fax: 03-3456-2319
受付時間:月曜日〜金曜日 9:30 am〜11:30 am

管轄区域:
北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、新潟県、福島県、栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県

在大阪イタリア総領事館
http://www.consosaka.esteri.it/Consolato_Osaka

〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー17階
Tel : 06-4706-5841
Fax: 06-6201-0590
受付時間(ビザ課):月曜日〜金曜日 9:30 am〜12:30 am

管轄区域:
愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、石川県、福井県、富山県、和歌山県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、愛媛県、高知県、徳島県、香川県、福岡県、長崎県、宮崎県、佐賀県、熊本県、大分県、鹿児島県、沖縄県

ビザ取得の手順

ビザ申請に必要な書類を調べる

以下のリストは、主な提出書類ですが、度々必要な書類内容が変更されたり、指定提出書類の内容が東京と大阪では異なりますので、申請前に必ず東京の在東京イタリア大使館領事部、または在大阪イタリア総領事館まで詳細をご確認ください。

ビザ申請に必要な書類を準備する

学生ビザ申請に必要な書類

在東京イタリア大使館へ申請される方

  1. パスポートサイズの写真(近影・カラー)を貼付したビザの申請書(ビサ申請書Dタイプ)
    申請書PDFダウンロード
  2. パスポート(帰国予定日より数えて90日以上の有効期間が必要)とそのコピー
  3. 住民票
  4. イタリアに滞在する全期間を通じて医療費を完全にカバーする(医療費の項目が無制限の)海外傷害保険の契約書
  5. 留学の資金が入っている本人名義の預貯金口座の通帳とそのコピー(留学資金の提供者が親の場合、親の通帳、所定の保証書、実印印鑑登録証明を提出してください)
  6. 住居に関するいずれかの証明書(賃貸契約書、または、家主からの受入れ承諾書(承諾書)、または、受け入れ先学校の住居提供証明書)(注意:2回目以降の就学ビザ申請の場合は過去に取得したビザで通った学校の修了書・出席証明書の原本
  7. 語学留学の方の場合:上記①から⑥に加え、下記の書類が必要

    1. 入学許可書の原本(滞在期間、受講授業時間数(週20時間以上)、受講料が支払い済みであることを明記)
    2. 教育監督局の認可を受けていることを証明する書類、または学校の経営母体である会社の商工会議所の直近の登記簿謄本

    職業訓練コースに参加する場合:上記①から⑥に加え、下記の書類が必要

    *職業訓練校として州に登録されていない学校の場合、ビザの発給はできません

    1. 期間と授業時間数(週20時間以上)を明記した入学許可書の原本
    2. 学校が職業訓練を実施する許可を得ていることを証明する書類

    研修に参加する場合:上記①から⑥に加え、下記の書類が必要

    1. 州の認可を受けた訓練計画書
    2. 研修の主催者(レストラン、ホテルなど)と研修施設との間に取り交わされた協定書

    大学の場合:上記①から⑥に加え、下記の書類が必要

    1. 大学/国立音楽院/美術アカデミーの受験許可書
    2. 学校に直接願書を出すことはできません。出願は在東京イタリア文化会館を通して行ってください。出願の締め切りは大学省が毎年発行する要綱に記載されます。出願手続き終了後、毎年8月末から9月初めにかけて、当総領事館は大学/国立音楽院/美術アカデミーにおいて行われるイタリア語能力判定試験を受験するための暫定ビザを発給します。

在大阪イタリア総領事館へ申請される方

  1. パスポートサイズの写真(近影・カラー)を貼付したビザの申請書
    申請書PDFダウンロード
  2. パスポート(帰国予定日より数えて90日以上の有効期間が必要)とそのコピー
  3. 住民票
  4. イタリアに滞在する全期間を通じて医療費を完全にカバーする(医療費の項目が無制限の)海外傷害保険の契約書
  5. 留学の資金が入っている本人名義の預貯金口座の通帳とそのコピー(留学資金の提供者が親の場合、親の通帳、所定の保証書、実印印鑑登録証明を提出してください) 2回目以降の就学ビザ申請の場合のみ:過去に取得したビザで通った学校の修了書または出席証明書の原本とそのコピー
  6. 賃貸契約書、家主からの受入れ承諾書のような住居に関する書類(受入れ承諾書のフォームが必要な方はe-mailでご請求ください)
  7. 語学留学の場合:上記①から⑥に加え、下記の書類が必要

    1. 期間と授業時間数(週20時間以上)を明記した入学許可書の原本
    2. 教育監督局の認可を受けていることを証明する書類、または学校の経営母体である会社の商工会議所の直近の登記簿謄本

    職業訓練コースに参加する場合:上記①から⑥に加え、下記の書類が必要

    *職業訓練校として州に登録されていない学校の場合、ビザの発給はできません

    1. 期間と授業時間数(週20時間以上)を明記した入学許可書の原本
    2. 学校が職業訓練を実施する許可を得ていることを証明する書類

    研修に参加する場合:上記①から⑥に加え、下記の書類が必要

    1. 州の認可を受けた訓練計画書
    2. 研修の主催者と(レストラン、ホテルなどの)研修施設との間に取り交わされた協定書

    国立大学などに通う場合

    国立大学などに通う場合、直接学校に願書を出すことはできません。出願は在東京イタリア文化会館を通して行ってください。出願の締め切りは大学省が毎年発行する要綱に記載されます。出願手続き終了後、毎年8月末から9月初めにかけて、当総領事館は大学/国立音楽院/美術アカデミーにおいて行われるイタリア語能 力判定試験を受験するための暫定ビザを発給します。

    未成年者が交換プログラムに参加する場合

    14歳以上18歳未満の未成年者のみ、イタリア外務省文化促進協力局と大学省の認可を受けた交換プログラムや文化活動にかぎって、ビザの申請をすることができます。申請は両親とともに来館して行ってください。

    1. 受入れ先の学校からの入学許可書
    2. 交換プログラムを主催する機関からの参加証明書
    3. 両親の同意書(〈利用者オンライン・ヘルプ〉の〈各種フォーム〉よりフォームをダウンロードし、最寄りの公証役場で手続きをしてください)

    高度な研究および文化活動を行う場合

    イタリアの大学とのあいだに協定を結んだうえで、イタリアの大学から移民統合事務局に許可を申請してもらってください。電話での照会受付け時間帯(14:30~16:30)に電話にて許可が移民統合事務局から当館にオンラインで届いていることを確認してから、予約のうえ、以下の書類をもって当館に 来館し、ビザを申請してください。

    1. パスポートとそのコピー
    2. 申請用紙
    3. 証明写真(申請用紙の所定の位置に貼付のこと)
    4. 住民票

注意

  • 上記以外の書類の提出を求められることがあります
  • 必要書類に少しでも不備がある場合、申請は受理されません
  • 申請が受理されてもビザが取得できないことがあります
  • 申請は必ずご本人が来館して行ってください
  • 申請書はすべてローマ字(伊文または英文)で記入してください
  • 手続きには最大90日かかる場合があるので、申請は余裕をもって行ってください

ビザ申請予約を取る

在大阪イタリア総領事館でビザ申請をされる方は、ビザ申請予約を取る必要があります。オンラインでご予約のうえ、ご来館ください。
在大阪イタリア総領事館 予約について

ビザ申請に行く

揃えた必要書類を、間違いや不足が無いかよく確認した後、管轄のイタリア大使館領事部、または在大阪イタリア総領事館に提出します。申請は本人が行う必要があります。郵送や代理人での提出は出来ません。書類が不足していたりすると、受け付けてもらえず、帰らざるをえなくなります。特に遠方から提出しに行かれる方は、ご注意下さい。

※入学許可証等のオリジナルには大使館、または領事館の判が捺されます。この判がないとイタリアで滞在許可証を申請する際に許可されませんので、必ず日本を出発する前に確認しておいて下さい。

※18歳未満の方は、保護者同伴で申請します。

ビザの受領

直接イタリア大使館、または領事館へ取りに行きます。受取日は申請の際に指示されるか、後日電話で連絡があります。取りに行けない場合は、郵送してもらうことも出来ます。郵送を希望の場合は、申請の際に窓口でその旨を伝え、指示に従ってください。

イタリア入国後の手続き

日本でビザを取得した方は、イタリア入国後、8日以内に滞在許可証を申請する必要があります。日本でビザ取得の際に提出した全ての本書類はイタリアまでお持ち下さい。滞在許可証の申請は、現在、郵便局を通して最初の手続を行います。

滞在許可証の延長は、大変難しく、同学校・同コースに通い続けるケースのみ許可されるという情報もありますが、許可されないケースも多々あります。許可されない場合は、日本に帰国し、ビザを再取得する必要があります。この点も兼ねて、滞在期間を決定されると良いでしょう。

外務省海外安全ホームページのイタリア共和国渡航情報もあわせてご覧下さい。

上記の情報は、2015年2月の時点のものです。詳細はイタリア大使館・領事館までお問い合わせください。ビザが必要な方は、コース開始日より2ヵ月前までにはお申込み下さい。